最近の科学がいくら進歩したと言っても、医療の中ではまだまだ原因が解明されていない病気が多く、癌などの治療もまだ完全には確立されていない。
そんな中、時代の進化によって新しく注目される病気も増えている。
最近は、てんかんなどの発作による事故が増えており、日ごろのストレスなどが原因のひとつとも言われています。
最近は、このような肉体的な健康障害ばかりではなく、精神的な心の健康障害に悩んでいる方が増えており、しかし、あまりこの様な症状では病院に通わないことが通常です。
しかし、精神的なストレスは時に過呼吸を引き起こすこともあり、それが事故などに繋がることも多く報告されています。
最近の病院は、高齢化にともないとても患者数が増えておりますが、その一方で社会人の病院離れが増えており、薬局の薬で病気を治療する社会人がとても増えています。
特に歯医者などの治療は、命に別状がないと思う社会人が多く、男性を中心に医者に通わない労働者が増えています。
非正規雇用が増え続ける今の社会は、社会保障が受けられない労働者も多く、また、時間給で稼ぐ労働者にとっては、労働時間が更に長くなり、病院に通う時間の余裕がないことも現状です。
そんな中、社会保障を理由に消費税の引き上げが決断されましたが、実情の社会保障は益々悪くなるばかりです。
深刻化する少子高齢社会。医療業界や国が抱える問題はとても大きいです。これからの日本をもっとよく考えていかなければなりません。