今は、どんな仕事も、知識の奥行きや専門技術が深くなり、それによって一般には知られていない、業界内の特殊な仕事がたくさん増えております。
医療における職場も同じで、今は単に内科、外科で分けられるほど単純ではなく、内科の診療する専門の科目はとても増え、外科もそれぞれの臓器を専門に手術する担当とにわかれています。
その為、アメリカやEUなどの先進諸国では、単に医師免許ひとつで全ての診療が許されている訳ではなく、それぞれの診療科ごとに医師免許が発行されております。
残念ながら、日本ではこのような方向性もまだ検討もされておりません。
また、医師ばかりではなく、看護師においても、現在の免許の種類は、看護師と准看護師で、その免許の種類において、担当する仕事が決まっている訳でもなく、オペ看護師と呼ばれる看護師は、外科医の手術における術式をきちんと把握していなければ、その補佐において支障をきたしますが、准看護師がこれを担当としているケースも多い。
その為、現在の医療における資格は、単に仕事の能力や知識で区分けされている訳ではなく、医師よりも優秀な理学療法士や看護師よりも仕事のできる准看護師も存在します。
しかし、日本は仕事の能力よりも、所有する資格や学んだ学校の経歴が優先され評価される為、陰で努力する能力者が医師よりも発言権を持つことは許されておりません。
今の日本は、実力主義によって所得が左右されると言いますが、これは本来の能力が評価された実力主義ではなく、単なる肩書き主義の社会です。